スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの「子離れできず」

2015年11月15日 22:50

すでに11月の半ばを過ぎたというのに、この気温の高さ。

湿った空気の影響で、最高気温25度って・・・ 服装や体調の管理に困りますね。

秋冬のきんと冷たい空気が好きですが、今年は暖冬のようです。



さて先月の終わり、久しぶりに次男が出張帰りに夕食を食べに来ました。

その時、「年明けから転勤で東京へ行く」という報告が!



月に数回は今も東京へ出張している彼は、何年か前から転勤があるかもと言ってはいたので、いつかは現実になるのかなと私もわかっていたはずでした。

それなのに、転勤の打診を受けて承諾したという言葉を聞いた瞬間、衝撃がかなり大きく・・・




P1011228_convert_20151115223823.jpg




翌日から、私は仕事から家に帰るのがつらくなってしまいました。


そう、仕事が終わってひとりになると何もやる気が起こらず、喜びや楽しさを感じることが全然できなくなり、おまけに15年前に長い間患っていた不整脈まで出始めて、何なんだこれは、と自分でもびっくりな「軽いうつ状態」に。

不整脈が続くと頭がぼうっとして、昼間やたら眠く、夜は眠れなくなるので安定剤に頼ることも。



次男は自分のポジションをきちんと考え、将来に向けてステップアップできる道を選択したのであって、行けば必ず経験を積んで成長するだろうし、給料も上がるだろうし、頑張ってと送り出せばそれでいいのに。

そんなことはわかっているのに、説明できない不安やさびしい気持ちにずんずん凹んでいく私。

よくない環境で悪い影響を受けたら、とか、逆に東京が居心地良くて、もう帰ってこなくなったらどうしよう、とか。


でももしも、私の友人が同じようなことを口にしたとしたら。
「何をしょうもないこと言ってんの~」
と鼻で笑い、そんなの大丈夫よ、さっさと子離れしなさいよ、とひと言で終わりになると思います(笑。

こんなことに身体がおかしくなるほどショックを受けている自分自身が、ショックです。


でも、しかたない。
なさけないけど、これも本当の自分。

弱い自分をそのまま受け止めて、ゆっくり時間を過ごすのみ。


そして、そんな状態のまま・・・ 年に一度の休暇に入りました。

体調の不安はありましたが、出かければ元気になれると信じ、小さな旅に出かけてきました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ


いつも訪問いただきありがとうございます。

明日から新しい気持ちで、また仕事に行ってきます。





コメント

  1. けんぼう | URL | JalddpaA

    Re:まさかの「子離れできず」

    大丈夫ですよ、きっと息子さんも親離れなんてできてないですから。
    むしろ、「離れる」必要はないでしょう?
    物理的な距離は離れるかもしれませんが、もっと楽に考えたほうがいいと思いますよ。
    今はスマホでテレビ電話が簡単にできちゃう環境です。
    気軽に送り出す感覚でいたほうがいいのかましれませんね。
    ・・・なんて書いてますけど、自分自身に置き換えたらどうだろう?
    「離れる」覚悟はできてないかもですね。だからこそ「離れない」でいようと思います。

  2. 猫村さん | URL | -

    久しぶりにコメントします(*'ω'*)

    変わることに不安を感じるのは当然のこと

    今迄、たっぷり注いだ愛情と、息子さんからの愛情あっての寂しさで

    どれだけ温かい関係であったかの現れだと思いますよ^_^

    うちの息子は希薄だから…うちならどうなるのだろう?(^^;; 思春期の冷たい息子に淋しい毎日です(^^;;

  3. アロマねこ | URL | -

    けんぼうさんへ

    こんばんは。
    あっ離れなくていいんだ~?と、ほっこりしました。
    息子たちとはもう8年も前に別居し、今もすごくドライな関係なんですが、
    物理的な距離が離れるとなるとこんなにもショックなのかと。
    息子は何とも思ってないでしょうが(笑。
    けんぼうさんと同じように、「離れない」でいようと思います。

  4. アロマねこ | URL | -

    猫村さんへ

    こんばんは。
    また来てくださってありがとうございます。

    うちの息子(特に次男)も希薄ですよ(笑。
    私も決してベタベタな逆マザコン母じゃないし。

    先日TVの「しくじり先生」で体操の内村選手のお母さんが出ていて、見入ってしまいました。
    表現のしかたは違っても、母親の息子に対する気持ちって同じなのかもしれないなあ・・・

    「思春期」難しい時期ですが、それがあるから大人になってやさしくなると嬉しくて沁みますよ~(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ketoru402.blog75.fc2.com/tb.php/342-b012a970
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。